虫歯になりやすいのは、遺伝的に歯が弱いからなの?

2015-0063 ร้อนตับแตกคำนี้มาจากที่ไหน

 歯がもろいのか、気を付けてハミガキしているはずなのに虫歯になってしまう…。

悲しいですよね。虫歯になりやすいのは体質だと思って諦めなくちゃいけないんでしょうか??それとも、遺伝の他に、何か原因があるのでしょうか??

 そんなことが語られている興味深い記事があったので内容を要約してみます。

edition.cnn.com

 

ピッツバーグ大学の歯科学部のディレクター、マリー・マラジタ教授によると、虫歯になるリスクの60%は遺伝的なものだといいます。

 歯科医療における、遺伝の研究はまだ始まったばかりですが、歯医者さんたちは、虫歯と遺伝が関係する5つの領域を突き止めています。

続きを読む

最大49%OFF!!ブリアン歯磨きの通販最安値は、楽天?Amazon?ドラッグストア?格安で買う方法を調べてみた!

Saving

 善玉菌を利用して虫歯や口臭を予防する歯磨き粉ブリアン。

 このたび、子ども用ブリアンの大人気を受けてか、大人用ブリアンも発売されました。子供用は、お子さんが大好きな苺味🍓でしたが、大人用は爽やかミント味です。

 色んなメディアで紹介されていて大人気ですが、歯磨きとしては少し高め。

 どうすれば一番安く買えるかを、あれこれ調べてみました。

 結論を先に言いますと、やはり公式サイトがダントツでお得に買えます。

 

 2017年1月現在、楽天では販売無しです。

さらにAmazonでは、子ども用ブリアンは売られていましたが、大人用ブリアンは販売無しです。

 また、子ども用ブリアンについても、Amazonでは通常価格の7,980円になってしまいます。

 

公式サイトで買えば、こんなにお得

 定期コースでは、通常価格9,370円のところ、初回特別価格4,980円に!

さらに、二回目のお届けでも35%引き、

三回目からはさらに5パーセント引きになります。

 

最安で買うならば、この方法が一番お得です!

 

 

60日間の返金保証付き!リスク無しで購入できる

 単なる歯磨き粉にそんなにお金がかけられない、と思ってしまうかもしれません

でもブリアンは、ご存じのとおり、単なる歯磨き粉とは違います。

善玉菌が配合され、口内環境に、菌に注目してアプローチします。

虫歯や歯周病の原因は、口の中に住んでいる菌です。

歯磨きを頑張っているのに虫歯になってしまう人、甘いものを食べないのに虫歯になりやすい人は、口の中に虫歯菌が多いことが大きな一因になっていると考えられます。

歯周病についても、同様です。

この根本的な原因にアプローチできる歯磨き粉がブリアンなのです。

 

また、フッ素やラウリル硫酸ナトリウムなど、一般的な歯磨き粉に入っている、健康にとっては不安材料のある成分を含んでいません。

ぶくぶく不必要に泡立たないですし、飲み込んでしまっても安全な成分ばかりを使っているので、うがいの出来ない環境(断水など??)でも、安心して便利に使うことができそうです。 

 

返金保障付きだから、気軽に試せる。 

 けれど、ブリアンを実際に試してみないことには、使用感も分からないし、自分や子どもに合っているかも分からない。万一、効き目が感じられなくてお金を無駄にしちゃわないか心配だなあ・・・・。 

 誰しも、スーパーリッチでなければ、そういうリスクは考えてしまいますよね。

そんな時、ブリアンの良いポイントとしては、60日間返金保障がついてくることです。

商品が到着してから60日以内に、カスタマーサポートに電話して、その後、返金申請書、お買い上げ明細書、商品箱の3点を送ると、商品代金を返金して貰えます。

 いざ使ってみて、あわなかったとか、いまいち効果が感じられない、とかいう時でも、お金が無駄にならなくてすみますね。

 60日とは、約二か月間ですので、その間毎日使って様子を見れば、味や匂いが好きか嫌いか、口臭や口のネバネバ感が減少するかなどを、実際試して、時間をかけて継続するかしないか判断できるかと思います。

 60日間も返金保障が付いてくるというのは、この商品が、そんなに変なものではない、ということを裏付けているかもしれません。効き目がなかったら、返金請求が殺到して大損になってしまいますからね・・汗

 

歯を強くするのに良いサプリメントはどれ?【ビタミン・ミネラル・乳酸菌】

2015-0094 4 ข้อสังเกตในการสังเกตว่ามีสุขภาพฟันที่ดี #cosdentbyslc #makeoveryoursmile

 歯の丈夫さには遺伝も影響しますが、適切な栄養分を与えて、ブラッシングに気を付けていれば、かなり虫歯は予防することができます。そして歯質も強化できるんです。

 歯といえばやっぱりカルシウム!

がまず思い浮かみますよね。
 でも、その他にも歯を丈夫にするのに大切な栄養素は色々あるんです。
今回は、どんな栄養をとれば虫歯や歯周病予防になるのか、調べてみました。

ブリアン歯磨き粉のタブレットタイプはある?おすすめの類似品は?【虫歯・口臭ケアタブレット】

 ブリアン歯磨きは、粉タイプで、歯磨きに使えるもの。ネットで口コミを読んでいると、皆さんタブレットタイプがあったいいのに~!と口々に仰っていました。

 確かに、あったら便利そう!

 ・・・しかし残念ながら、今のところまだ発売されていません・・!

 そこで、どうやったら、タブレットと同じように便利に使えるのか、また、ブリアン歯磨き粉には類似品はないのかどうか、調査してみました!

 

続きを読む

大人用ブリアン歯磨きと、子供向けブリアンの違いは何?

 もともと、歯磨きが嫌いな子供たちの虫歯予防のために開発されたブリアン歯磨き粉。今度、大人用のブリアン歯磨き粉も登場しました。

 子供に虫歯菌をうつさないためにも、家族で虫歯菌を減らしていけたらいいですが、この子ども用と大人用の違いはどこにあるんでしょうか。

 調べてみました。

 

違いその1 ミント味VS苺味。

 子供向けブリアンは、子供たちがたいてい好きな、苺ヨーグルト味🍓です♪

この味のおかけで、お菓子と勘違いして、ブリアンをじっくり味わいながら、歯磨きを堪能する子どもが、口コミ情報でもよく報告されています。

 確かに、小さな子供は、ミントの味なんて、辛くてニガテですよね。

歯磨きが嫌いなのは、異物=歯ブラシを口の中に突っ込まれることもあると思いますし、歯磨きペーストのネバネバ感もあるかもしれませんが、何より「不味い!!」ということも原因としては大きい気もします。

 この点、子供用ブリアンがイチゴ味なのは、子供に歯磨きを好きにさせるにはよいです。

 

 けれど、大人はどうでしょう。大人は、ミントなど爽快感や清涼感のあるもので、ガシガシ磨いて、スッキリ感を味わいたい人が結構多いのではないでしょうか。

 苺🍓味だと、何か歯を磨いた感じがしない人も・・・?

 特に、焼き肉やら、飲み会でお酒を飲んできた帰りのお父さん(お母さん)なんかは、ミントの味を欲するかもしれませんね。

 そんなわけで、大人向けブリアンは、ミント味になっています。

 

違いその2 配合されている菌が違う 

 子供向けブリアンには、ブリス菌M18が配合されています。

これは、虫歯予防・・ミュータンス菌を駆逐する作用を強く持っている善玉菌です。

(口臭などにも効果があります)

 一方、大人向けブリアンには、M18に加えて、ブリス菌K12も配合されています。

 こちらは、歯周病や口臭、

  そして喉や口腔粘膜の健康維持も助けてくれる菌なんです。

 なので、歯垢が多いとか、息をさわやかにしたい、とか歯周病を予防したい、という年を取ってくると気になってくる悩みを総合的にケアしてくれることになります。

ブリアンは、安全な成分だけでできているので、うがいをせずに飲み込んでしまっても平気、という特徴があります。

 このことからは、うがいがうまくできない方の歯磨き粉としても使えそうです。

 

違い その3 値段

 

 子供向けブリアンが、定期コース初回で一箱3,980円、2回目から4,980円なのに対して、大人向けブリアンは、定期コース初回で一箱4,980円なので、1,000円UPしてます・・。

 これはブリスK12が追加されているからでしょうね。

 けれど、これでお口がさわや、歯医者さんに通わずにすむとしたら、結果的にコスパはとても良くなります。口コミをみると、1週間くらいの継続で、もう口臭が軽くなったなど実感できている人もいるみたいなので、とりあえず試してみるのも手かと思います。

 今は約二か月(60日)の返金保証が付いてきます。効き目がなかったら、返金してもらえばよいので試すだけ試すのもありかなあと思います。

 

 

 

 

 

 

虫歯になりやすい意外な原因3つ。歯磨きでダメなら〇〇菌を使え!

 歯を磨いても磨いても、虫歯になる。これってなぜ??
 突然ですが、わたしは歯医者がキライです。怖いし、ずっと大口を開けた後は顎がカクカクしちゃいますし、薬で喉が痛くなるし、何より、かけがえのない、二度と再生しない歯が削られちゃうのがショックでなりません・・・。
 
 なんか、ひしひしと削られた歯の分、命まで削られたような気になっちゃうんですよね。(大袈裟??)
 そんなわけで、人一倍歯磨きには時間をかけていたのですが、それでも検診に行くと虫歯を指摘され、ずんどこな気持ちに・・・。

f:id:honeybushtea:20170218131242p:plain

 一体なんなの。虫歯になりやすい体質なの?そういう運命なの?と諦めかけましたが、あきらめる前に色々調べてみました。
 虫歯になりやすい原因は次のとおりです!
 

1 磨いているようで、磨けていない

 
 泡がブクブク立つ歯磨きだと、泡に気を取られて肝心の歯が見えなくなりがちです。歯磨き粉無しで磨くか、ブリアンなど泡立たない自然派歯みがきを使うといいです。
 その時、手鏡などを持って、歯ブラシがちゃんと歯に当たっているのを視覚的にも確認しながら磨くと、よりよいです。
 それから、一番磨き残しがおきてしまうのは、歯の裏側や奥歯の裏側、それに歯のつけね部分
 特に、加齢と共に歯茎が下がって来て、今までは歯肉で隠されていた部分のフレッシュな歯がむき出しになってきます。
 この時期は、子ども時代の次くらいに、虫歯に警戒しなくてはいけないんです。
 
 また、歯並びによっても磨き残る場所が出てきます。例えば私の場合は、口の中ぎりぎりいっぱいまで奥歯が生えているため、一番奥の歯の後ろ側のスペースが狭くて、普通の大きさの歯ブラシが入っていけません・・(-_-;)
 届いてるようで、隅まではちゃんと届いてなかったんです。。。ここが虫歯になっちゃっていました。
 では、どうすべきか。
 ワンタフト歯ブラシってご存知ですか?
 一房だけ、毛の束が付いている歯ブラシです。「ワンタフトブラシ」で検索すると、ネットで買えます。(歯医者さんでも購入できるところが結構ありますが、お値段高めになっちゃいます)
  
 これは、細かいところ磨き専用の小さな歯ブラシ。これだったら奥まで届きます!
 普通の歯磨きをした後に、仕上げにこれで隅の汚れをかき落としておきましょう。
 

2 虫歯になりにくい子どもはお喋り?

 

f:id:honeybushtea:20170219150744j:plain

 
 そして次に唾液の量と質です。
食べ物を食べると、そこに含まれていた糖分を虫歯菌が分解し、酸が発生します。この酸が、歯を溶かしてしまうのです。
 でも唾液は、こうした時、アルカリ性に向かうことで、その酸を中和してくれます。
 さらに素晴らしいのは、唾液はミネラル分を含んでいること。唾液が出ることによって、その中のカルシウムが、ふたたび歯に沈着していきます。
 なんと良くできているのか・・・。人体の神秘・・。
 
 なので、虫歯は歯が溶けて行くのと、唾液で歯が補修されていくのの、せめぎあいのなかにある現象なんです。
 当然、ひとつには、歯が補修されていく時間を長くすること、つまり三度の食事後、歯を磨いたら、もう間食はしないことです。
 食べ物を食べるということは、虫歯菌にも餌を与えちゃうということで、虫歯菌はすると、歯を溶かしちゃうわけです。虫歯菌に餌を与えないことで、唾液が歯を補修する時間が長くなります。
 だらだら食いは歯にとって大敵ですよ!
 
 唾液の分泌は、喋っている時や、ものを食べている時に盛んになります。
 これは、ちゃんと研究がされているわけではないので、真偽のほどは謎ですが、
よく喋る子は虫歯が少ない傾向が・・・というのを耳にしたことがあります。
 え、うちの子は良く喋るのに虫歯が多いって??
 
 うーん、ただ唾液の役目は見過ごせないと思うのです。
 口が乾いていると、歯にとってはよろしくないのは、方向性としてかなり正しいかと。
 
 歯チャンネルで、歯医者さんもこのようにおっしゃっていました。

f:id:honeybushtea:20170219150712j:plain

唾液のPHは安静時は6.8くらいですが、食事や会話などによって唾液腺が刺激されるとアルカリ性に傾き、PHは7.5~8.0くらいになります。

これは唾液分泌速度が速くなる(唾液がどんどん作られる)ことにより、唾液中のHCO3-(重炭酸イオン:唾液が作られる際に同時にできる)濃度が高くなり、結果としてH+(水素イオン)濃度が上がるためです。

逆にストレス時(緊張している時など)には交感神経が優位になり、唾液の分泌は減り、HCO3-濃度も低くなってPHは6.0くらいまで低下します。

唾液のPHを測るキットもあるのですが、歯科医院へ来て緊張している場合は通常よりも唾液の量が減ってPHが低くなってしまい、「リスク高!」と判定されてしまう場合があるのかもしれません。

 

やはり、喋る時は、唾液腺が刺激され、つばがたくさん分泌されて、アルカリ性の唾になるということです。

おしゃべりだと、それだけ虫歯予防にも効果がありそう、というのは、あながち根拠のないことでもなさそうです。
 
また唾は血液から出来る(!)のですが、血液の血中カルシウム濃度は常に1%程度に保たれるので、カルシウムを沢山摂取したからといって、唾にカルシウムが沢山出てくるというわけでもない、と意見されてました。
 唾液はなるべく沢山出してあげた方が歯には良さそうです!
 
 唾をたくさん分泌する方法としては「パ行、マ行」の音を出してみる、梅干しやレモンを脳裏で克明に思い浮かべる、などが有効かと思います。「ぱぱぱぱぱ、ままままま」と試しに口に出してみてください。唾が湧くのが感じられると思います。
 この方法は、冬などに喉が乾燥して困る時にも使える方法なので、試してみてください。
 
 

3 お口の中のフローラ(細菌の生態系)に善玉菌が多ければ虫歯になりにくい!

 
 うらやましいことに、世の中には虫歯になりにくい人たちがいます。全然歯磨きしなくても虫歯にならないから、何日か歯磨きしないこともあるとか、(それはそれで問題ですが。。。)
 生まれてから一回も虫歯になったことがないから、歯医者さんで虫歯を削られるときの気持ちが分からないとかいう人も・・・。(実にうらやましい)
 
 こういう人たちは、特別に歯が丈夫というよりは、口の中の細菌の生態系が特殊なんです。虫歯菌がほかの菌によって、がっちり抑えられているわけです。
 今はかなり知られてきた知識ですが、生まれてすぐの赤ちゃんには、ミュータンス菌は存在してません。 
 周囲の大人との接触により、虫歯菌がうつるといわれています。
 まず大切なのは、口移しをしたり、同じ食器でごはんを食べないことです。
 
 けれど、鉄壁の守りを貫くのは、難しかったりも・・。気を付けていたのに、
子供が虫歯になってしまったという話はよく聞きます。
 
 そんな時は、お口の中の細菌の生態系というところからアプローチする商品を使ってみるという手もあります。
 お腹にビフィズス菌を投入するみたいに、お口の中で悪玉菌(虫歯、歯周病、
口臭)と戦ってくれる善玉菌を投入するのです。
 そういった、お口の健康に良い働きをする細菌としては、BLIS菌、Reuteri菌が知られています。
 外国ではいろいろな商品が発売されているのですが、日本ではウィステリア製薬という、歯医者さんがはじめた会社が唯一、ブリス菌を使った歯磨き粉を作っています。
 ふつうの歯磨き粉に比べると高いのですが、その分安全な材料にもこだわっていて、60日間の返金保証がついてます。ブリアン歯磨き粉というのですが、今なら効き目がなかったときに損をする心配もないので、興味のある方は見てみてください。
 子供用イチゴ味のブリアンと、ミント味大人用のブリアンがあります。