口臭と加齢は関係ある?私の口、もしかして匂ってる??歯磨きで予防できないかな?

 口臭って、いがいと自分で気付かないし、周囲の人もあまり「アナタ口臭いね!」とまっこう言える大胆な人は少ないしで、なかなか自覚しにくいです。

 でも前まで口が臭くはなかったのに、なんか最近臭くなってきた??という方、いるかもしれません。

 子どもの時にも、年配の方の口が臭いのに気づいて困った・・・なんてことありませんでしたか?加齢と口臭は関係あるのか調べてみることにしました。

 

自分で口臭をチェックする方法

 その前に、自分の口が臭いかどうか分からない場合は、デンタルフロスを使ってみましょう。(フロスは虫歯予防のためにも、口臭や歯周病予防のためにも使った方がいいですよ!食べ物のカスは意外と歯と歯の間に詰まってます)

 使った後のデンタルフロスを嗅いでみて、くさかったり、血がくっついてくるようだったら、臭っている可能性があります・・・(汗)

 

口臭の原因は?

 多くの場合、口臭は、口の中に原因があります。例えば

  • 虫歯
  • 歯周病
  • ひび割れた詰め物
  • のどちんこに食べ物のカスがついて、細菌が繁殖

などです。

また、口ではなく他の臓器などに原因がある場合もあります。例えば

  • 糖尿病
  • 肝臓病
  • 呼吸器官の炎症

 このため、お口がまったく健康なのに、どうしても息が臭いという場合は、お医者さんに行くと良いでしょう。

 

年を取ると息が臭くなる原因は?

ドライマウス

 加齢と共に、息が臭くなる場合、ドライマウスが考えられます。年を取ると、唾液の分泌量が少なくなり、唾は口の中を清浄に保つ作用がありますので、その機能が落ちて、細菌が若い頃よりも繁殖しやすくなってしまうのです。

 

入れ歯や差し歯、ブリッジなど

 年を取っていると、人工的な歯の代替物が口の中に増えてきますね・・。なるべく最後まで自分の歯を出来るだけ残したいものですが・・・。

 これらの人工物は、定期的に清掃されていないと、細菌を集めてしまいます。そして細菌が腐った卵のような臭いがする、硫化水素を分泌します。これは、あの嫌な臭いの原因物質なのです。

 人工の歯が虫歯にならないかといって、放っておくと、菌がどんどん繁殖しますので、油断せず丁寧に磨いてあげましょう。

 

口臭を防ぐ方法

セロリや人参など、食物繊維の多い野菜をおやつがわりに。

 食物繊維の多い野菜は、いわば天然の歯磨きのようなもの。野菜の中に入っている食物繊維が、歯にくっついている歯垢を掻き出す役割をしてくれます。

 

口臭の原因となる菌を菌でやっつける。

 お腹にビフィズス菌が効果あるように、近年はお口にも効果がある細菌が発見されています。たとえば、ロイテリ菌やブリス菌。これらの菌は、歯周病菌や虫歯菌と戦ってくれます。口コミでも「子どもの口臭がなくなった!」などの声があがっています。日本では、ブリアンという歯磨きが大人気です。当サイトでも色々これについて調べてみましたので、参考にしてくだされば嬉しいです。

 

煙草やお酒、珈琲、にんにくは控えめに。

 タバコやお酒、珈琲などの嗜好品類は、香りが人を虜にしますが、その分、口の中に染み付くと、なかなか取りにくくなってしまいます。これらは摂取をし過ぎても、健康には良くないものですので、毎日取るのはやめましょう。

 

三食ごとに歯を磨く。

 これ、意外とやってない人多いかもしれません。特にお昼の後は、なんか面倒くさかったり、業務に追われたりして、ついついすっぽかしてしまっていませんか。けれど、それは口の中の悪玉菌にとっては、餌が大量に口の中にこびりついている、絶好の繁殖の機会なんです。

 餌がある時間が長ければ長いほど、菌が増殖してしまいます。

 

シュガーレスガムを噛む

 ガムを噛むことは、唾液腺を刺激して、唾で口の中を満たしてくれます。砂糖が入ったガムだと、お口の健康には逆効果ですが、シュガーレスのガム(キシリトール入り)などは、有効です。

 ただアスパルテームなどの人口甘味料は、体に良くないとも言われていますので、なるべくなら、添加物が入っていないものを選んだり、一日のうち何粒かにおさえるなどして気を付けると良いかもしれません。