ショック!虫歯じゃないのに歯が溶ける?㏗(ペーハー)のお話

 歯が溶ける、穴が開いてしまう、といえばもっぱら虫歯菌が原因のイメージがありますが、実はそうとも限らないんです!虫歯菌は関与しない場合もあるんですよ。

 特に、酸っぱいものが好きで、毎日何個もグレープフルーツを食べている、などと言う方は要注意です!

 子どもの時、理科の時間でカルシウムを酢酸に入れて溶かす実験、しませんでしたか?カルシウムはぶくぶく泡を立てて溶けてしまったはず・・・。

 あれと同じことが、お口の中でも起こるんです。

 

 つまり、虫歯菌が全然いなくても、酸で溶けてしまうことが起こるということ・・。もし思い当たりそうな方は、これからご説明する食べ物には気を付けたほうがいいかもしれません・・

 

 

柑橘系の果物(レモン、オレンジ、グレープフルーツジュース等)

 柑橘類は酸が強くてカルシウムを溶かしてしまいます。もちろん朝にフルーツというのは健康な習慣。柑橘類に含まれるクエン酸には、疲労を癒してくれる効果もあります。

 でも、柑橘系のジュースなどについては、ダラダラ飲むのはやめて、なるべく短い時間で飲み切りましょう。それから数時間は、おなじく酸の強い食べ物を口にするのは避けるのがよいです。

 

ピクルス

 ハンバーガーやサンドイッチに入っていると美味しいですよね、ピクルス!

けれど、ピクルスはお酢と、それから糖分も入ってます。歯にとってはダブルパンチになってしまうのです。食べ過ぎには注意しましょう。

 

珈琲

 え、こんなものが??と意外なところにもリスクがひそんでいました。珈琲はタンニン酸を含んでいるので、これは歯のエナメル質にとっては良くない成分なのです。確かに酸味がありますよね。

 もちろん歯に着色もしてしまいます。珈琲だけでなく紅茶も酸を含んでます。飲み過ぎている方はご注意!砂糖が入っていないからと、一日中啜っていると、歯は少しずつダメージを受けてしまいそうです。

牛乳や豆乳を混ぜると、多少中和してくれるかもしれません。

 

赤ワイン

 これは、歯に良い食べ物でも紹介したので微妙なところですが、ワインのポリフェノールじたいは、虫歯菌抑制効果があるものの、ワインは酸を含んでます。長時間啜っていると、エナメル質は溶けますので量には注意です。

 

トマト

 イタリアンには欠かせないトマト。トマトは生で食べても、煮ても美味しいですよね~~。でも実は、きわめて酸味が強い食べ物なんです。

トマトの缶詰は、トマトの酸が、缶の金属を溶かしちゃうから体に良くない、なんて聞いたことありませんか?

トマトはでも、リコピンなどヘルシーな成分も色々含んでいる野菜です。

 となるとやはり、他の食べ物と一緒に適量を食べるのがよいですね。

 

ソーダ

 子どもたちが大好きなソーダですが、これはメチャメチャ歯には悪いです・・。

酸で溶け、砂糖で虫歯菌が活発になり・・ダブルパンチです。

 

飴玉

 口の中でずっと舐めている飴玉も、歯には大敵!他のお菓子が、食べ終わればすぐ胃に送られるのに、飴はいつまでも口に残り続け、その間砂糖がばら撒かれ続けます。

 酸っぱい味だったら、その酸の効果と活発になった虫歯菌によって、ダブルパンチ。

 七五三でもらう千歳飴って、長生きできるっていう縁起物ですが、歯の寿命にとっては決してよくないものですね、そういえば・・・。

 

ドライフルーツ

 乾燥した果物なら、なんか健康そうだしいいやって思いますよね?これは、酸の話からは少しずれますが、やはり危険な食べ物なんです。

確かに、ミネラルやビタミン、食物繊維は豊富です・・・。

でもドライフルーツって、乾かしてある分甘さも非常に凝縮されていて糖分は多いんですよ!そして、ねちゃねちゃと、粘りがあるので歯の隙間にも詰まりやすいんです・・・。

 虫歯が気になる方は、控えましょう。

 

食べるものがない・・・とお嘆きのアナタに良い方法・・。

 上にあげたものが大好きで、控えるのがツライ!という場合は、

これらを間食やおやつとして食べないで、三度の食事の一部にしてしまえば、歯へのダメージが最小限ですみますよ!

 食事をしていない時は唾液が口をアルカリ性に導いてくれ、カルシウムの歯への再沈着を促してくれます。この時間を長く取るようにしましょう。

 なので珈琲と朝ごはんなどはセットにして、一連の飲み食いが終わったら、そのつど歯を磨く。そして間食はしない、というのが歯にとっては一番です。

 また、歯磨きの注意点としては、酸性のものを取った直後に歯ブラシしてしまうと逆効果になることもあるってことです。

 お口が酸性の間は、つまり歯の表面がうっすら溶けかかって、やわらかくなっている状態です。そのやわらかい状態の時に歯ブラシでガシガシこすってしまうと・・・そう、削れてしまいますねΣ(・□・;)

 食後15分以上は歯磨きまで待った方がいいというのは、このためです。