子どもにおススメの甘い歯磨きを探したよ!

Remember Us at Bedtime

 小さいお子さんが歯磨きを嫌々して、毎日悩まされるママは多いんじゃないでしょうか。嫌がる原因は色々あると思います。

 まず、口の中に異物を突っ込まれるというのが恐怖なのかもしれないですし、あのミントの清涼感がダメっていう子どもさんも多いと思います。

 幼い頃は、あの薬っぽい変な味(その時には)のミントがキライだった人は多いのではないでしょうか。

 珈琲や人参、ほうれん草、シナモンなどハーブ系は、なぜか大人にならないと美味しさが分からない場合が多いですね。

 そこで歯みがきの味を変えたところ、子どもが率先して歯磨きしてくれるようになった!という例も結構あります。

 お子さんに小さい頃から、歯磨きを好きになってもらえば、何よりの虫歯予防になりますよね。

 そんなわけで、お子様が歯磨き好きになってくれそうな、甘い美味しい味の歯磨きを探しました。

 

 

GCこども用はみがきはどう?

 

特徴

 歯科医院で売られている、本格派子ども歯磨きです。ドラッグストアなどでは、なかなか売られていません。

 オレンジ、ストロベリー、アップルと、子どもが大好きな甘い味のアソートパック。この中から、どれかお気に入りの味をみつけてくれればいいですね。

 チューブにキャラクターが描いてあるのも可愛い!子どもが可愛さから歯みがき粉を好きになるケースもあるようです。オレンジとストロベリーは、ミント風味がいっさい入っていないので、スース―しないというのもポイントです。

 

GC歯磨きの成分

有効成分・・・0.2%フッ化ナトリウム(フッ素900ppm)
湿潤剤・・・プロピレングリコール、濃グリセリン、ソルビット液
研磨剤・・・無水ケイ酸
増粘剤・・・カルボキシメチルセルロース
甘味料・・・キシリトール、サッカリンナトリウム
pH調整剤・・・クエン酸ナトリウム
発泡剤・・・ラウリル硫酸ナトリウム
防腐剤・・・パラベン
着香剤・・・香料(オレンジ:オレンジ・ストロベリー:ストロベリー・アップル:アップル、ミント)
着色剤・・・オレンジ:黄色5号・ストロベリー:赤色3号・アップル:青色1号・黄色4号
溶剤・・・精製水

  こんな感じで色々成分が入っています。

 

欠点

・・・しかし、ここでちょっと気になるポイントも。

まず、虫歯予防でフッ素が900ppmしっかり配合されていますね。

 ですがこのフッ素に関しては、安全性について疑問が持たれている成分でもあります。歯医者さんで一般的に使われてはいるのですが、大量に使用した場合の神経毒性について議論がされています。

 そしてラウリル硫酸ナトリウム、これもちょっと心配。

シャンプーなどにも入っている、ブクブクと泡立てるための成分なのですが、まずシャンプーが目に入った時に凄くしみるのは、この成分によるところが大きいです。皮膚に浸透していきやすいので、人によってはヒリヒリ感を感じることもある成分。

 歯磨きは毎日ですから、長期的に見たときに、もっと安心な成分を使っておきたい気もします。コスパはいいですけどね。

 このあたりは人によって考え方が違うところなのですが・・・。当サイトでは、それほどおススメはしてません。

そして、大手ブランドの歯磨きペーストもだいたい「フッ素」「ラウリル硫酸ナトリウム」は入っているんですよね。この二つが入っていないのを探すのは大変。

このGC歯磨きは、標準的な成分の子ども用歯磨きといえそうです。

 

ロゴナ キッズ歯磨きはどう?

 

特徴 

 カミツレ、チャ葉、ビート根などのハーブや海塩が配合されている自然派歯磨きです。ドイツ生まれ。苺味とミント味がありますが、苺味は、子どもにも美味しいと好評のようです。

 

成分

水、ソルビトール、グリセリン、含水シリカ、香料(エッセンシャルオイル)、キシリトール、アルギン酸Na、モンモリロナイト、カミツレエキス*、チャ葉エキス、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグルタミン酸Na、海塩、ビート根エキス、トウガラシ果実エキス、水溶性アナトー*欧州の有機認定成分です

 心配だった、フッ素も、ラウリル硫酸ナトリウムも入っていません。ソルビトールは食品添加物ですが、よくお菓子に甘みづけで入っている成分です。ラウリル硫酸ナトリウムみたいに、食べ物には入れてはいけないものではないので、だいぶ安心になります。

 

欠点

 価格が800円前後と、ちょっとお高いところです。あと中身がたまにキャップに漏れちゃうこともあるみたい。これはジェルタイプなので仕方ないところもあります。

 

パックス子どもジェル歯磨き はどう?

 

特徴

 フルーツ味でジェルタイプ。狸?か狐の可愛いキャラがプリントされてます。一本260円前後と安く買えるのも嬉しいです。

 

成分

水、ソルビトール・グリセリン(湿潤剤)、アルギン酸Na(粘結剤)、キシリトール(甘味剤)、カンゾウエキス・クマザサエキス(矯味剤)、ハッカ油・オレンジ油・グレープフルーツ果皮油・ラベンダー油(清涼剤)、ローカストビーンガム(粘結剤)、エタノール(溶剤)、ベニバナ黄(着色剤)

  アルギン酸は海藻由来の成分。成分の安全性は高そうです。

 

欠点

 ハッカ油も混じっているので、ミントほどではないですが、少しスース―する味になっています。なので、スース―がどうしてもだめ!ってお子さんだと「味が好きじゃない・・・」というオチになる可能性もあり・・・。

 まあ値段が安いので、子どもが残したら親が使えばいいかもしれません。

 

ブリアン歯磨き子ども用はどう?

特徴

 歯磨きとしては高級な部類に入るのが、ブリアン。善玉菌で虫歯菌を退治するという「プロバイオティクス」をお口に応用した新発想の製品です。

 苺ヨーグルト味は、子どもに「甘い」「美味しい」と大人気とのこと。そして安心な成分だけ使っているのも良いところ。

 

成分

ブリス菌、香料、エリスリトール、デキストリン、フルクリオリゴ糖

オリゴ糖は、虫歯菌の餌にはならない甘味料です。本当にシンプルな処方。

安全性は高いです。うがいできない場合は、飲み込んでしまっても大丈夫なほど安全ということです。

 

欠点

 やはり、お値段が高いのが最大の難点。楽天やAmazonだと一箱7,500円もします。

ただ、ウィステリア製薬の公式サイトからだと、最大3,980円にまで下がって、約2か月間の返金保証もついてきますので、善玉菌を使った最新の虫歯予防を試してみるというのもいいかもしれません。

 

>>BRIAN(ブリアン)の虫歯予防メカニズムについてはこちら<<