赤ちゃんの虫歯を予防する方法

2015-0142 ขัดไหมทำความสะอาดอย่างถูกวิธี #cosdentbyslc #makeoveryoursmile #slcgroup

 

 最初の乳歯が生えてくるとすぐに、赤ちゃんには虫歯リスクが発生します。三歳頃までに、虫歯のなりやすさが決まってしまうといいます。気を付けてあげて、子どもにはなんとしてでも虫歯フリーな人生を歩んで欲しいですね。

 そのために親が何をできるのか、赤ちゃんの虫歯予防について調べました。

 

虫歯は、赤ちゃんの口が酸を作り出すバクテリアに感染して起こります。両親やその他赤ちゃんの面倒を見る人が、唾液を通して赤ちゃんに細菌をうつします。

 例えば、同じスプーンやカップを使ったり、赤ちゃんにあげるまえに、食べ物の味や温度を舌で確かめたりするなどの時にも、うつってしまいます。

 また、子どもの早や歯茎が水以外液体や食べ物に、長時間さらされたり、頻繁にさらされる時に虫歯にが起こります。糖分が、バクテリアによって酸に変化させられて、虫歯の原因となるのです。

 赤ちゃんを寝かしつける時に、牛乳やジュース、ソフトドリンクなどを与えていませんか?これは虫歯の原因になってしまいます。それから、水以外の飲み物が入ったボトルが、常に子どもの手が届くところにあると、子どもは四六時中それを啜ってしまうことになります。牛乳も、ごはんといっしょに与えるようにして、それ以外の時間は控えましょう。母乳をしょっちゅう与えるのは、虫歯の原因にはなりませんが、母乳育児中は、お母さんは自分の口を衛生的にしておくのが望ましいです。

 

赤ちゃんの虫歯の見た目は?

 

 虫歯は最初、歯茎との境目が、ぽつんと白くなっているような見た目です。最初は、歯医者さんでもなかなか見分けつきません。特別な器具が必要です。見つかった場合は早めの対応が必要です。

 

赤ちゃんの虫歯の防ぎ方

 

赤ちゃんが生まれる前、妊娠している時からお父さんお母さんは、お口を清潔に保ち、歯医者に行ってメンテナンスをしておきましょう。

 →おすすめの虫歯菌減菌歯磨きBRIAN(ブリアン)

・母乳で育てるにしても、粉ミルクで育てるにしても、赤ちゃんの歯をじょうずにケアしてあげるのが大切です。

 

 誕生後から12カ月まで

 

 清潔な布で、優しく赤ちゃんの歯茎を拭いて綺麗にしてあげましょう。最初の歯が生えてきたら、やわらかい赤ちゃん用歯ブラシで磨いてあげましょう。

 

 生後12か月から36カ月まで

 

一日に二回、二分ほど、赤ちゃんの歯を磨いてあげましょう。朝食の後と、おやすみ前が一番いいタイミングです。

 ねむる時には、飲み物や食べ物を与えないようにしましょう。虫歯の原因になりますし、耳の炎症や窒息なども招いてしまいます。

 ドリンクの入ったボトルを、おしゃぶりがわりなど、子どもをおとなしくさせるために持たせておくのはNGです。お散歩中にドリンクボトルを持たせておくのも危険です。もし子どもが、何か飲み物を欲しがるようだったら、ボトルには水を入れておきましょう。

 ドライブの時にも、虫歯予防の観点からは、与えるのは水だけが良いです。

 なるべく、赤ちゃん用のボトルからでなく、普通のコップから飲むことを覚えてもらいましょう。普通のコップからの方が、歯の部分に液体が滞留しにくいのです。

 甘いおやつや、ネバネバするおやつを子どもにはあまり与えないのがいいです。飴玉、グミ、クッキーなどですが、それにポテトチップスやクラッカーにも大抵は砂糖が入っています。これらは、ごはんの時にだけ、一緒に食べさせるようにしましょう。そして、食べた後はこびりついたおやつを、舌で歯からとるように教えておきましょう。

 ジュースについては、ごはんの時だけあげるか、いっそ全然与えないのがよいです。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時には、

おいしい苺ヨーグルト味の歯磨き粉BRIAN(ブリアン)を使ってあげるのも手です。こちらは虫歯予防の善玉菌も配合されています。

  まだ口内の細菌のメンバーが固まっていないうちに、善玉菌を投入してあげるのは、虫歯になりにくい子どもを育てるのにはいい方法です。