読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯周病を防ぐ食べ物と生活習慣とは。

2015-0279 จากอดีตถึงปัจจุบันของยาสีฟันไทย #cosdentbyslc #makeoveryoursmile #slcgroup

 歯周病を防ぐには、どんな栄養を摂っていたらいいんでしょう?逆に悪化させてしまう生活習慣を知らず知らずのうちに送ってしまっていないかもチェックしておくのは大事です。

 

 

歯周病改善は、食生活の改善から!

歯周病のとき、積極的に取った方がいい食べ物

  • 柑橘類の果物など、ビタミンCを多く含む食品をとりましょう
  • お肉を食べる時はなるべくオーガニックで、ホルモン剤や抗生物質を打たずに育てられた家畜のものを選びましょう。
  • 養殖ではないサーモンや、フィッシュオイル、アボカドや胡桃からオメガ3脂肪酸を摂取しましょう。
  • なるべく農薬を使わずに育てられた生野菜を摂るようにしましょう
  • 穀物類は、玄米や全粒粉などビタミンの多いものにしましょう
  • ナッツや種(ゴマ、カボチャの種、ヒマワリの種その他…)などの栄養が凝縮された種子類を食事に取り入れましょう
  • ケフィアヨーグルトなど、活きた乳酸菌が入っている食べ物をとりましょう。乳酸菌入り歯磨きで毎日歯を磨くのも効果的です。

 

歯周病の時に避けるべき食べもの

 

  • 精製された炭水化物全般(小麦粉、白米、白パン、パスタ、クッキーやケーキ、クラッカーなど)
  • 精製された糖分やアスパルテームなどの甘味料を含む食品
  • アルコールを過剰に摂取すると、お口の免疫力を阻害してしまいます。
  • 海の底の方で育つ牡蠣や二枚貝、ロブスター、それにマグロ、サバなど比較的海の深い場所にいる魚は水銀で汚染されている場合があります。
  • 海産物の干物やドライフルーツを食べる時は「亜硝酸ナトリウム」が添加されていないものを選びましょう。
  • カフェインを摂り過ぎると唾液の分泌が減少してしまうことがあります。唾液は口の中で洗浄と殺菌を司っていますので、普段から口が渇いていないかを確認してみましょう。

 

 以上のように、割と健康な食生活を普段から心がけておくに尽きますね。

歯周病だけでなく、体全体にもいいです。歯周病と糖尿病は関連しているといいます。歯周病菌を放っておくと、血液に運ばれて、糖尿病や心臓病などの原因となることもありますので、あなどって放っておかない方がよいです。

 

乳酸菌は試してみる価値あり

 最近の研究では、善玉菌をお口に飼って悪玉菌を駆逐してもらう「プロバイオティクス」という方法の効果が分かってきました。

 手軽な方法としては、砂糖が入っていないプレーンヨーグルトを歯茎に塗る、という手もありますが、もっと強力なのは、効果のある乳酸菌を凝縮したタブレットや粉末を口に含むことです。

 ブリアン歯磨き粉は、粉状で、歯磨きをするときに、歯磨きペーストとして一緒に使うものなので、歯と歯茎の隙間にも、善玉菌が入っていきやすい処方になっていて、おすすめです。

 このサイトでも、他の記事で、ブリアンについては詳しく書きましたので参考にしてみてください。